墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

腰椎椎間板ヘルニア

症状

椎間板ヘルニアは画像所見に基づく疾患名で、椎間板が突出している状態を椎間板ヘルニアと呼びます。
腰部に発生したヘルニアによって神経が圧迫されることで、腰部から下肢の痛み、しびれ、運動麻痺などが生じます。
ヘルニアにより圧迫される神経が神経根であれば神経根症と言い、馬尾(ばび)が圧迫されている場合には馬尾症と言います。
馬尾症では圧迫される神経によっては、排尿障害や排便障害(膀胱直腸障害)を起こす場合があります。

主な症状

  • 腰痛
  • 下肢痛
  • しびれや運動麻痺
  • 膀胱直腸障害(排尿障害や排便障害)

腰椎とは?

腰椎は胸椎と仙骨の間にある脊椎骨で、5つの椎骨から成ります。
腰椎の英名Lumbarの頭文字から、L1~L5と呼ばれます。
各椎骨は椎体と椎弓から成り、その間を脊髄が通っています。
その部分は脊柱管と呼ばれます。
また、各椎骨の間には軟骨の一種である椎間板があります。
椎間板は、タイヤのゴムのような形をした薄い軟骨が層に成っている線維輪と、その中のゼリー状になった髄核(ずいかく)でできています。
椎間板には柔軟性があり、脊柱にかかる負荷や衝撃を緩和するクッション役を果たしたり、脊柱を前後左右に曲げる動作を滑らかにしたりしています。
また、脊髄は腰椎の部分でその構造が変わり、いくつかの神経に分かれていきます。
その形態が馬の尻尾に似ているため、馬尾(ばび)と呼ばれます。

イメージ
イメージ

主な原因

ヘルニアとは椎間板が変性し、突出している状態のことを言います。
椎間板周囲にある線維輪に亀裂が生じて内部の髄核が突出し、脊髄や神経根を圧迫することで、痛みやしびれといった症状が現れます。
椎間板ヘルニアは腰部で一番多くみられ、その腰椎椎間板ヘルニアではL4/L5間で多く生じます。
要因としては、ほとんどが加齢や継続した運動負荷による変形によります。

治療法

痛みが強い時期はできる限り動かさないようにし、安静を心がけます。
治療としては、痛みを緩和させるために消炎鎮痛剤を処方したり、神経ブロックを行ったりといった保存的治療が行われます。
痛みが治まって来たら、筋力強化トレーニングやストレッチ等の運動療法、牽引や温熱療法などを行います。
基本的には保存的治療を行いきますが、症状が改善しない場合や筋力低下のはなはだしい場合には、手術が行われます。