墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

脊椎椎体圧迫骨折

症状

若く健康な人に起こる脊椎椎体圧迫骨折は、強い外力等により脊椎の椎体部分が押しつぶされて骨折してしまった状態です。
背中から腰部にかけての痛みが生じ、背中を曲げたり反らせたりといった体幹の動きを伴う様々な動作で痛みが伴います。
骨粗しょう症がある場合は、大きな外傷が無くても骨折を招くことがあり、痛みをほとんど感じないこともあります。

主な症状

  • 背中に痛みが生じる
  • 脊柱に変形がみられる

脊柱の構造

背中の骨である脊椎が柱状につながった状態を脊柱と言います。
脊柱は7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎、仙骨、尾骨で構成されています。
頸椎、胸椎、腰椎の脊椎を形成する1つ1つの骨は椎骨と呼ばれます。
各椎骨は椎体と椎弓からなり、その間を脊髄が走っています。
その部分は脊柱管と呼ばれます。
また、各椎骨の間には軟骨の一種の椎間板があります。
椎間板は、タイヤのゴムのような形をした薄い軟骨が層になっている線維輪と、その中のゼリー状になった髄核から成ります。
椎間板は柔軟性があり、脊柱にかかる負荷や衝撃を緩和するクッション役を果たしたり、脊柱を前後左右に曲げる動作を滑らかにしたりする働きがあります。
正常な脊柱は、前から見るとほぼ真っすぐになっており、横からみると直線ではなく、緩やかなS字カーブを描いています。
このS字カーブを「生理的弯曲」と呼びます。

イメージ
イメージ

主な原因

脊椎の圧迫骨折は、転落等の強い外力により生じる外傷性のものと骨粗しょう症などの病気が起因となり、骨折が起こるものがあります。
骨粗しょう症の場合には、骨が弱くなっているため、くしゃみや尻もちをつくなどの通常では骨折が生じないような小さな外力でも椎体の圧迫骨折が生じたりします。
また、脊椎椎体圧迫骨折は下位胸椎から上位腰椎に発症しやすく、椎体の後壁まで骨折が及ぶ場合には、神経への障害や脊髄損傷を起こすこともあります。

治療法

年齢や骨折の程度によって多少の違いはありますが、通常はまず安静にし、ギプスやコルセットを使用します。
脊柱管内に骨片が突出し、麻痺が生じているような場合には手術が行われることがあります。