墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

後縦靱帯骨化症・黄色靱帯骨化症

症状

イメージ

後縦靱帯骨化症と黄色靱帯骨化症は、脊椎の椎体の後面を走っている後縦靱帯と脊柱管の後方にある椎弓同士を結ぶ黄色靱帯が、それぞれ骨化した状態を言います。
肥厚増大化すると脊髄を圧迫して脊髄症を引き起こします。
症状としては、圧迫される部分によって異なってきますが、手足のしびれや冷感等の知覚障害、腕の脱力感・歩行時の足のもつれ等といった運動障害や排尿障害などがみられるようになります。

主な症状

  • 手足のしびれや冷感
  • 腕の脱力感
  • 歩行時に足がもつれる
  • 排尿障害が現れる

後縦靱帯と黄色靱帯

イメージ

脊椎は脊柱管を挟んで椎体と椎弓に分かれますが、後縦靱帯は椎体の後面に走る靱帯で、椎体同士をつないでいます。
黄色靱帯は脊柱管側の椎弓にあり、椎弓同士を結んでいる靱帯です。
これらの靱帯によって脊椎の椎骨間は補強され、適度な動きや安定性を保つ役割を担っています。

主な原因

後縦靱帯骨化症と黄色靱帯骨化症は脊椎の頸椎、胸椎、腰椎でそれぞれ発生しますが、後縦靱帯骨化症は頸椎に多く、黄色靭帯骨化症は胸椎に多くみられます。
これらの骨化症は合併して起こることも少なくありません。
原因は明らかにはなっていませんが、遺伝的要因などが考えられています。

治療法

画像診断により靱帯骨化がみられるだけで、特に症状が現れない場合には経過観察を行い、進行度合いをみます。
脊髄圧迫がみられ、進行性で日常生活に支障を来たす場合には、手術が行われます。