墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

両国きたむら整形外科 スタッフブログ

2019.03.23 東京マラソン2019

こんにちは両国のなべちゃんこと渡邉です。

3月になり春のポカポカ陽気の訪れが楽しみになってきましたね。

待ちに待った東京マラソン2019がやってきました。

 

さかのぼること1ヶ月前のある日、北村先生が「両国きたむら整形外科のTシャツ作って走ってきて」と言ってきました。え?Tシャツ!?会社の名前を背負って走るのはなんか恥ずかしいなと率直に思いましたが、その場は平常心で面白そうですねと言って作ることを決心しました。

せっかく着るならカッコいいTシャツ作ろうと思ったのですが、全く知識がなく不安でならなかったのですが調べると、誰でも簡単にスマホでデザインできるサイトがありました。現代は素晴らしいなと(笑)。

色んな方々にもアドバイスを頂きなんとか1週間前に完成しました。あとは当日これを着て走れば任務完了だと…。

 

前日に受付しにお台場に行き東京マラソンEXPO2019に参戦しました。各社出展されているブースがあり大変盛り上がっていました。そして約10か月前から当院のランニングコーチである青野さんが所属するon JAPANのブースにもお邪魔しました。

 

 

頑張ってねと青野さんに背中を押され目標のサブ3.5(3時間半切り)達成してやるぞと気合が入りました。

 

2019年3月3日東京マラソン2019

天気予報では曇りのち雨だったはずがまさかの朝からの雨で10℃を下回るというまさかの悪天候。ほとんどの方がレインコートでスタートに向かっているなか、身体が温まるまでは上着をきて走り、途中で脱ぎ捨てTシャツ披露する作戦でいこうかなと考えました。

 

 

今回がフルマラソン2回目となるのですが東京マラソンは人がとにかく多くなかなか前に進まず初めの遅れを取り戻すべく1km過ぎから4分半~5分/kmペースで飛ばしていきました。気温が低いせいか初の東京マラソンのせいか意外にも順調にハーフまでそのくらいのペースでいきました。

 

雨が降っていても全く途切れない沿道の声援に感動しながらいつTシャツを披露しようかとずっと考えていました。半分走り切っているにも関わらず身体が全く温まらず、30km地点に友人が待機していたのでそこまでは着ていようと思いました。

 

 

そして25km辺りから徐々に体が動かなくなっていき目標のサブ3.5を諦めました。

せめてTシャツを披露しなければと思いましたが、生命の危機を感じ上着を着たまま走ることにしました。心の中で「北村先生ごめんなさい」と何度も言いました(笑)。

 

30km地点で顔が引きつりながらもの頑張って笑顔作りました(笑)

 

走っているのに手の震えが止まらなくなり、両大腿はつり、途中歩いてしまうこともありましたが4時間16分03秒(ネットタイム4時間09分52秒)でなんとか完走しました。

 

 

ゴール直後は達成感に充ち溢れましたが、寒さで全身が震えて大変でした。日本記録保持者の大迫傑選手が低体温症で途中棄権となりましたが、おそらく自分もその1歩手前になっていたのではないかと思いました。

沿道で声援を送ってくださった方々、大会運営スタッフ、警備の方々、ボランティアの方々寒い中ありがとうございました。

 

今回は残念な結果となってしまいましたが、これもいい経験をしたなと前向きに受け止めいつしかこのTシャツを着て走ろうと思います。

 

少し暗くて見えづらいですが、あるロゴの色合いからヒントを頂き作りました(笑)。

 

両国のなべちゃんこと渡邉でした。