墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

頸椎症性神経根症

症状

頸椎症性神経根症は、脊髄から枝分かれして上肢へと伸びる神経根(しんけいこん)の部分が圧迫されることによって症状が現れます。
症状としては、肩から腕にかけての痛みや、手指にしびれが現れることがあります。
特に、首を後ろに反らした時に、痛みが強く感じられがちです。

主な症状

  • 肩や腕の痛みがある。
  • 腕や手指にしびれ感がある。
  • 首を後ろへ反らした時に痛みを強く感じる。

頸椎とは?

イメージ

頸椎は脊椎(せきつい)上部の首の部分にあたる骨で、7個の椎骨から成り、頸椎の英名Cervicalの頭文字を取って、上からC1~C7とも呼ばれます。
頭蓋骨につながる第1頸椎である環椎と第2頸椎である軸椎の間には環軸関節があり、頭部を回旋させる働きをしています。
各椎骨は椎体と椎弓からなり、その間を脊髄が走っています。
その部分は脊柱管(せきちゅうかん)と呼ばれます。
また、各椎骨の間には軟骨の一種である椎間板があります。
椎間板は、タイヤのゴムのような形をした薄い軟骨が層になっている線維輪と、その中のゼリー状になった髄核(ずいかく)でできています。
椎間板は柔軟性があり、脊柱にかかる負荷や衝撃を緩和するクッションとしての役割を果たし、脊柱を前後左右に曲げる動きを滑らかにしています。

主な原因

中・高齢者に多くみられる疾患で、加齢による変性によって生じると考えられています。
加齢により骨や椎間板、靭帯などが変性していくことで、脊髄から分岐している神経根部分が圧迫されたり、刺激されたりすることで痛みやしびれといった障害が出ます。
また、圧迫されている神経根の場所により、痛みやしびれを感じる部位が異なると言われます。
同様に脊髄部分が圧迫されることによって起こる疾患は頸椎症性脊髄症と呼ばれます。

治療法

痛みが激しい場合は、消炎鎮痛剤を用いたり、神経ブロック注射で痛みを緩和させる処置を取ります。
また、頸部の安静をはかるために頸椎カラー装具などを用いることもあります。
その他、牽引療法や物理療法、筋力強化トレーニングなどの運動療法などの治療を行います。
これらの保存的治療を行っても改善がみられず、運動麻痺や巧緻運動障害、歩行障害などを伴うようなら、手術を検討することがあります。