墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

頸椎椎間板ヘルニア

症状

頸椎椎間板ヘルニアは画像所見に基づく疾患名で、椎間板が突出している状態を椎間板ヘルニアと呼びます。
頸椎椎間板ヘルニアが脊髄や神経を圧迫すると、頸椎症性脊髄症や頸椎症性神経根症といった疾患を来たすようになります。

主な症状

  • 首や肩、腕に痛みやしびれがある。
  • 握力が下がる。
  • 腕の感覚が鈍くなる。
  • 手がうまく使えなくなる。
  • 足がもつれる。
  • 歩行が困難になる。

頸椎とは?

イメージ

椎は脊椎(せきつい)上部の首の部分にあたる骨で、7個の椎骨から成り、頸椎の英名Cervicalの頭文字を取って、上からC1~C7とも呼ばれます。
頭蓋骨につながる第1頸椎である環椎と第2頸椎である軸椎の間には環軸関節があり、頭部を回旋させる働きをしています。
各椎骨は椎体と椎弓からなり、その間を脊髄が走っています。
その部分は脊柱管(せきちゅうかん)と呼ばれます。
また、各椎骨の間には軟骨の一種である椎間板があります。
椎間板は、タイヤのゴムのような形をした薄い軟骨が層になっている線維輪と、その中のゼリー状になった髄核(ずいかく)でできています。
椎間板は柔軟性があり、脊柱にかかる負荷や衝撃を緩和するクッションとしての役割を果たしたり、脊柱を前後左右に曲げる動きを滑らかにしたりしています。

主な原因

ヘルニアとは椎間板が変性し、突出している状態を言います。
椎間板周囲にある線維輪に亀裂が生じて内部の髄核が突出し、脊髄や神経根を圧迫することによって痛みやしびれといった症状が現れます。
椎間板ヘルニアは腰部で最も多くみられますが、頸椎でも起こり、C5とC6やC6とC7の間に多く発生します。
また、骨棘(こっきょく)形成などの椎体変形を来たしている場合も少なくなく、これらも相まって脊柱管などの狭窄を起こすことがあります。
要因としては、加齢や継続的な運動負荷による変形によって起こるケースがほとんどです。

治療法

基本的に、いったん変形してしまった頸椎を元の形に戻すことはできません。
痛みを緩和させるための消炎鎮痛剤の処方、筋力強化トレーニング・ストレッチなどの運動療法といった保存的治療を行います(脊髄や神経根を圧迫した場合の治療法は、頚椎症性脊髄症と頸椎症性神経根症をご参照ください)。