墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

変形性脊椎症

症状

変形性脊椎症は画像所見に基づく診断名で、脊椎および軟骨や椎間板、靭帯が加齢により変性していくことを指します。
無症状のことも、痛みを伴うこともあります。

主な症状

  • 頸部や腰部が痛む。
  • 可動域制限が生じる。

脊柱の構造

背中の骨である脊椎が柱状につながった状態を脊柱と呼びます。
脊柱は7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎、仙骨、尾骨で構成されています。
頸椎、胸椎、腰椎の脊椎を形成する1つ1つの骨は椎骨と呼ばれます。
各椎骨は椎体と椎弓からなり、その間を脊髄が通っています。
その部分は脊柱管と呼ばれます。
また、各椎骨の間には軟骨の一種である椎間板があります。
椎間板は、タイヤのゴムのような形をした薄い軟骨が層になっている線維輪と、その中のゼリー状になった髄核(ずいかく)から成っています。
椎間板は柔軟性があり、脊柱にかかる負荷や衝撃を緩和するクッションの役割を果たしたり、脊柱を前後左右に曲げる動作を滑らかにしたりする働きがあります。
正常な脊柱は、前から見るとほぼ真っすぐな状態ですが、横からみると直線ではなく緩やかなS字カーブを描いています。
このS字カーブのことを生理的弯曲と呼びます。

イメージ
イメージ

主な原因

変形性脊椎症は、高齢者に多くみられる疾患で、加齢により骨や軟骨、椎間板、靭帯などが変性することで起こると考えられています。
脊椎同士の間にある椎間板は衝撃を吸収するクッションとしての役割をしていますが、加齢により椎間板の弾力性が失われてくることで、脊椎の椎体のふち部分が変形し、骨棘(こっきょく)と呼ばれる突起が発生します。

治療法

いったん変形してしまった脊椎は、治療をしても元の形には戻りません。
基本的に、痛みを緩和させるために消炎鎮痛剤を処方したり、温熱療法、筋力強化トレーニングやストレッチなどの運動療法を行うなど、保存的治療を進めていくことになります。