墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

腰部脊柱管狭窄症

症状

腰部脊柱管狭窄症で現れる症状は、腰痛や下腿部の痛み・しびれ、排尿障害などです。
これらの症状は、姿勢の変化や歩行動作などにより圧迫の程度が変化することもあり、通常、立位や歩行時に強く現れ、座っている状態などでは痛みが無いことがあります。

主な症状

  • 腰痛
  • 下腿部の痛みやしびれ
  • 排尿障害
  • 間歇性破行(かんけつせいはこう)

脊柱の構造

背中の骨である脊椎が柱状につながった状態を脊柱と言います。
脊柱は7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎、仙骨、尾骨で構成されています。
頸椎、胸椎、腰椎の脊椎を形成する1つ1つの骨は椎骨と呼ばれます。
各椎骨は椎体と椎弓からなり、その間を脊髄が走っています。
その部分は脊柱管と呼ばれます。
また、各椎骨の間には軟骨の一種の椎間板があります。
椎間板は、タイヤのゴムのような形をした薄い軟骨が層になっている線維輪と、その中のゼリー状になった髄核から成ります。
椎間板は柔軟性があり、脊柱にかかる負荷や衝撃を緩和するクッション役を果たしたり、脊柱を前後左右に曲げる動作を滑らかにしたりする働きがあります。
正常な脊柱は、前から見るとほぼ真っすぐになっており、横からみると直線ではなく、緩やかなS字カーブを描いています。
このS字カーブを「生理的弯曲」と呼びます。

主な原因

腰部脊柱管狭窄症は、椎体の変形や靱帯の肥厚、椎間板の変性などにより脊柱管が狭小化することによって、その内部にある神経根や馬尾(ばび)を圧迫し、痛みやしびれなどの症状が現れます。
中年以降の男性に多いと言われています。

治療法

治療としては、まず保存療法が行われます。
痛みを緩和させるための消炎鎮痛剤や神経に働く中枢神経系用薬、神経の血流を改善する薬などを用います。
また、リハビリや、場合によっては神経ブロックが行われることもあります。
保存療法を行っても効果がみられない場合には、手術が必要となるケースもあります。