墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

臼蓋形成不全

症状

股関節は寛骨臼(かんきゅうこつ)と大腿骨頭により形成されている球関節です。
臼蓋形成不全は、この寛骨臼側の溝が浅く、大腿骨頭のはまりが悪い状態です。
はまりが悪いことにより股関節に負担がかかり、痛みが生じます。
先天的な形成異常が多いのですが、乳児期には無症状で、多くの場合、30代~40代になってから症状が現れてきます。

主な症状

  • 歩くと股関節に痛みを覚える。
  • 股関節が開かない。

股関節の構造

イメージ

股関節はボール状になった大腿骨頭とソケット状の寛骨臼(かんこつきゅう)から成る関節です。
関節表面は軟骨に覆われているので、関節がスムーズに動くようになっています。
運動は制限されますが、屈曲、伸展、内転、外転、回旋といった動きが可能となります。

主な原因

先天性の場合が多く、大腿骨からの荷重を受ける面積が少ないために、股関節に負担がかかり関節軟骨の磨耗などが起こります。
その結果、変形性股関節症を来たし、炎症や痛みが起こるようになります。

治療法

先天性股関節脱臼は早期発見・治療によって経過は良好となります。
治療は一般的な装具による治療や牽引療法などの保存的治療が行われます。
また、場合によっては、おむつや衣服の使用に対する注意や抱き方の指導を行うこともあります。