墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

肘離断性骨軟骨炎

症状

離断性骨軟骨炎は関節の軟骨部分に亀裂が生じたり、骨軟骨片が剥がれてきたりする疾患で、肘関節では上腕骨の小頭部の骨軟骨に多くみられます。
初期では、投球時などの動作をした時に不快感や痛みがあり、進行してくると日常的に痛みを生じてきます。
また、軟骨が骨から剥がれ、関節内にはまり込んでしまうことによってロッキングを起こし、関節の曲げ伸ばしが困難になるケースもあります。

主な症状

  • 投球時に痛みが出る。
  • 引っかかりやズレたような感じがある。
  • 関節を曲げたり伸ばしたりができなくなる。

上腕骨小頭とは

イメージ

肘関節は上腕骨と橈骨(とうこつ)、尺骨(しゃっこつ)の3つの骨で構成され、上腕骨の橈骨・尺骨に対する関節面を上腕骨顆(じょうわんこつか)と言います。
上腕骨顆の橈骨側に相対する部分は半球状になっていて上腕骨小頭と呼ばれ、橈骨頭と腕橈関節を形づくります。

主な原因

肘の離断性骨軟骨炎はスポーツ障害である野球肘の1つで、野球などのスポーツで投球動作を頻繁に行う成長期に多くみられます。
骨が未発達な段階に、投球動作を繰り返し、肘を酷使することで、上腕骨小頭部にストレスがかかり、関節軟骨と軟骨下骨に分離が生じます。
その他、一度の強い捻挫をして起こる場合もあります。

治療法

初期の場合、また受傷者が若年の場合には、ほとんどが保存的治療で治ります。
保存的治療では、投球動作の制限や抗炎症剤の処方、運動療法などが行われます。
保存的治療を行っても治癒しない場合や骨軟骨片が剥離したり遊離したりしているケースでは、手術が行われることもあります。