墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

肘内障

症状

肘内障は2~4歳くらいの子供によくみられる疾患です。
手を急に引っ張ったり、捻ったりした時によく起こります。
外見上は腫脹や変形はみられませんが、痛がって泣き出したり、腕をだらんと下げたまま動かさなくなったりといった様子が観察されます。

損傷時の子供にみられる症状

  • 腕を痛がる。
  • 腕をだらりと下げたまま動かそうとしない。

橈骨と輪状靱帯

イメージ

肘関節を構成する骨の1つの橈骨(とうこつ)は、橈骨頭の部分が輪状靱帯によって覆われています。
この輪状靱帯の中で橈骨が回転することで、前腕の回内や回外の動きが可能になります。

主な原因

肘内障は、母親が子供の手を急に引っ張った時などに発症します。
手を引っ張った際に、通常固定している輪状靱帯から橈骨頭が外れることによって起こると考えられています。
靱帯が未発達な2~4歳の頃によくみられ、それ以降、成長と共に靱帯の固定が強くなるため、成人での発生はほとんどありません。
鑑別の必要がある重要な怪我として、肘関節周囲の骨折があります。
高所からの転落などでの受傷機転、腫脹や内出血等の所見、整復後も痛みがとれない等の場合には、骨折が強く疑われます。

治療法

治療としては、徒手整復を行います。
その後は特に固定の必要は無く、通常通りに腕を使っても問題ありません。
ただし、5歳頃までは、手を引っ張られることによって繰り返し外れてしまうことがあるので、注意が必要です。