墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

肘内側側副靱帯損傷

症状

肘の内側側副靭帯損傷では、投球動作など肘の内側にストレスがかかる動作をしている時に痛みを生じ、進行すると関節にも影響が及んで変形性関節症や関節拘縮を起こします。
また、一度の怪我で受傷することもあります。

損傷時の症状

  • 肘の伸展動作に痛みが伴う。
  • 肘の内側を押すと痛みが走る。
  • 投球動作で痛みが生じる。
  • 関節に不安定感を覚える。
  • 肘が腫れている。

肘関節周辺の靭帯

肘関節は蝶番関節(ちょうばんかんせつ)と言って、蝶つがいのように一方向しか曲げ伸ばしができないように、運動が制限されている関節です。
運動を制限するために関節周囲には靭帯が走っており、関節が過度に内反しないように肘外側では外側側副靭帯、過度に外反しないように肘内側では内側側副靭帯が働いています。

主な原因

肘の内側側副靭帯損傷の原因としては、転倒などによる1回の大きな外力によって損傷する場合と、投球動作の繰り返しなど、繰り返し加わるストレスによって損傷する場合があり、後者は野球肘の1つとに挙げられます。
投球動作では内側側副靭帯が引き伸ばされる方向(外反)に力が加わり、繰り返しストレスがかかることで炎症を生じたり、骨が未発達な成長期には靭帯の付着部分である軟骨部が剥離したりします。
その結果、関節が不安定になり、外反動揺性を来たします。
また、適切な処置がされないと変形性関節症を引き起こすことがあります。

治療法

初期であれば、ほとんどは十分な安静と運動療法などの保存的治療で治ります。
治療では炎症や腫れを抑えるために消炎鎮痛剤を処方し、投球動作以外の動きで筋力強化トレーニングを行って肘周囲の筋を柔軟にし、強化していく運動療法が行われます。
また、スポーツに復帰する場合には、再発防止のため投球フォームなどのスポーツ動作のチェックや指導を行います。
保存的治療でも改善しない場合や損傷の度合いが大きい場合などには、靭帯再建手術などの手術が行われるケースあります。