墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

テニス肘:上腕骨外側上顆炎/上腕骨内側上顆炎

症状

上腕骨外側上顆炎は手首を伸ばす時や反らす時に使う腱を痛めた状態です。
内側上顆炎は手首を内側に曲げる時に使う腱を痛めた状態です。
それぞれ肘の外側・内側に痛みが生じます。
この2つの疾患は、通称テニス肘と呼ばれます。
主に、上腕骨外側上顆炎はテニスのバックハンドの動作で、上腕骨内側上顆炎はフォアハンドの動作で痛みが生じます。

外側上顆炎の症状

  • テニスのバックハンドのような動作を行うと肘の外側に痛みが走る。
  • 雑巾を絞る時やドアノブを回す時、また手の甲を上にして物を持ち上げる動作により痛みが生じる。

内側上顆炎の症状の症状

  • テニスのフォアハンドのような動作で痛みが走る。
  • 雑巾を絞る時やドアノブを回す時、手のひらを上にして物を持ち上げる動作により痛みが生じる。
イメージ

外側上顆と内側上顆

イメージ

前腕には手首や指を曲げ伸ばしするための筋肉が走っています。
その内の伸筋腱(手首や指を伸ばす筋の腱)は上腕骨遠位にある外側上顆に、屈筋腱(手首や指を曲げる筋の腱)は反対側の内側上顆に付着しています。

主な原因

これらの疾患は、加齢による組織の変性をベースに、前腕の伸筋腱および屈筋腱の使い過ぎによるストレスで起こると考えられています。
それぞれの腱の付着部である外側上顆・内側上顆が慢性的に引っ張られ、力が加わり続けることで腱や滑膜に微細な損傷と炎症が起き、痛みが発生します。
外側上顆炎の場合は、テニスのバックハンドの動作や野球の投球動作などで前腕と肘に捻じれや回転のストレスがかかり続けることによって引き起こされます。
内側上顆炎の場合は、テニスのフォアハンドの動作で誘発されるケースが多いのですが、ゴルフでクラブのグリップを強く握ることで手関節掌屈筋にストレスが加わり、肘の腱へのストレスが増加することで生じると考えられています。
テニス肘やゴルフ肘とも言われますが、そのような運動を行っていない人にも、これらの疾患は起こります。

治療法

治療時は、使い過ぎていた部位を休ませるためにも、スポーツを休止し、安静にすることが必要です。
ただ、これらの疾患では、ほとんどが保存的治療を行えば充分に機能は回復します。
治療では、炎症を抑えるために消炎鎮痛剤を用いたりステロイド注射を行ったりします。
また、手首や指のストレッチを行ったり、筋力強化トレーニングなどの運動療法でリハビリを進めたりしていきます。
テニスなどのスポーツによって起こった場合には、道具の改善やスイングなどの動作の改造指導を行う場合もあります。