墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

足関節捻挫

症状

足関節捻挫は、足をくじいた時などに靱帯を損傷した状態のことで、それによって炎症が起こり、痛みや腫れが生じます。
また、靱帯が断裂するなど重度のケースでは、足関節が不安定な状態になることもあります。

主な症状

  • 足が痛む。
  • 足が腫れている。
  • 内出血がみられる。
  • 足に不安定感がある。
  • 痛くて歩行が困難だ。

足関節の靱帯

イメージ

足関節は脛骨・腓骨・距骨の3つの骨から成っていますが、それらの骨の周囲には複数の靱帯があります。
外側には外側靱帯と呼ばれる前距腓靱帯・後距腓靱帯・踵腓靱帯、内側には三角靱帯と呼ばれる前脛腓靱帯・脛舟靱帯・脛距靱帯・前脛距靱帯があり、それぞれが骨を支え、足首の安定性を保持しています。

主な原因

足関節捻挫は年齢層にかかわらずに起こり得る外傷で、バレーボールやバスケットボールなどのスポーツをしている時に多く発生するほか、歩行時でも段差などで足をくじいた際に損傷することがあります。
足をくじいた際には、足首にかかる外力により非生理的運動が生じることで、足関節を支えている靱帯が損傷します。
足関節捻挫の多くは、足首を内側に捻ることによって起こる内反捻挫で、内反することで外側にある前距腓靱帯に損傷を来たす場合がほとんどです。
逆側で起こる外反捻挫もありますが、足首の内側を支えている三角靱帯は前距腓靱帯などよりも強力で損傷しにくいため、足首が外反した場合でも、捻挫しにくいと言われます。

治療法

急性期ではRICE処置(R;rest:安静、I;icing:冷却、C;compression:圧迫、E;elevation:挙上)を行い、痛みや腫れを軽くする治療をします。
また、損傷の程度に応じて固定や免荷(損傷部位に負担をかけないようにすること)を行います。
炎症が治まった段階で、筋力トレーニング・可動域訓練・バランス訓練などの神経系のトレーニングなどを行います。
基本的には、こうした保存的治療で回復してく場合がほとんどです。
靱帯が完全に修復しない場合は、足関節の不安定感が続くことがあります。
不安定な状態が残り、日常生活やスポーツ活動に支障が出る場合には、必要に応じて靱帯再建術などの手術を行うケースもあります。