墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

外反母趾・内反小趾

症状

外反母趾は、母趾(足の親指)が第2趾(足の人指し指)の方に向けて「くの字」の状態に変形していく疾患です。
内反小趾は、小趾(足の小指)が親指側に曲がって変形していく疾患です。
出っ張った部分が靴によって圧迫されることで、足の側面や裏側に腫れや痛みを伴う皮下滑液包炎(バニオン)を生じます。
また、その痛みのために歩行困難になる場合もあります。

主な症状

  • 足に変形がみられる。
    ・外反母趾:親指の付け根が外側に反って、「くの字」状になっている。
    ・内反小趾:小指が内側に反り、「くの字」状になっている。
  • タコがみられる。
  • 痛みのため歩行が困難になる。

足のアーチ構造

人の足は内側縦アーチ・外側縦アーチ・横アーチの3つのアーチ構造で構成されています。
内側縦アーチは一般的には「土踏まず」と呼ばれる部分で、通常体重がかかった状態でもアーチが完全に消失するようなことはありません。
このアーチが主に衝撃を吸収する役割を果たしています。
偏平足とは、このアーチがつぶれている状態のことを言います。
外側縦アーチは、荷重時ではアーチは消失し、主に体重を支える役割を果たします。
横アーチはMTP関節(足趾の付け根の関節)部分のアーチで、衝撃を吸収する働きをしており、荷重時にはアーチが消失します。
これらのアーチがバランス良く機能することで足にかかる衝撃を緩和したり、歩行時にはバネの役割を果たします。

イメージ

主な原因

外反母趾、内反小趾は、いずれも女性に多くみられます。
原因として、ハイヒールなどの爪先の幅が狭く踵の高い靴を日常的に履いていることで、母趾や小趾が靴によって圧迫されたり、体重の負荷が集中したりすることによってMTP関節が曲がっていくと考えられています。
その他、偏平足や、母指が人差し指より長い足の形をした人にもなりやすい傾向があります。
健常な足には縦のアーチと横のアーチがありますが、偏平足のように、このアーチ構造が崩れると、外反母趾になりやすくなります。

治療法

まず、靴が原因として考えられる場合には、ハイヒールなどの踵の高い靴を履かないことや、そういった靴での長時間の歩行を避けるなどの改善指導を行います。
治療法としては、痛みを抑えるために消炎鎮痛剤を処方したり、足の指を開くストレッチで足周囲の筋を鍛える運動療法を行ったり、装具による矯正などの保存的治療を行います。
保存療法はあくまでも痛みを緩和する治療であり、外反母趾や内反小趾そのものを治す効果はありません。
変形が進み、痛みが強くて歩行が困難となるような場合には、手術を行うこともあります。