墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

バネ指:弾発指

症状

イメージ

バネ指は、指の曲げ伸ばしをする際、ロックがかかったような引っかかりを感じたり、指を伸ばす際にバチンと跳ね返るバネのような動きをするため、この名で呼ばれています。
バネ指は腱鞘炎(腱鞘炎)の一種で、指の付け根の腱鞘に炎症が起きることで痛みが生じ、進行することで引っかかりやバネ現象が起こります。
また、炎症を来たした腱鞘は小さなしこりのような塊になり、押すと痛みを感じるといった症状もあります。
バネ指の痛みは慢性的に続くこともあり、そのため動かさないでいると指の関節が固くなり、拘縮(こうしゅく)を来たす場合もあります。

主な症状

  • 指の曲げ伸ばしがスムーズに行えない。
  • 曲げようとするとカクンと曲がる。
  • 伸ばそうとすると跳ね返るように伸びる。
  • 指の付け根部分に腫れや痛みある。
  • 指が曲がったまま伸びない。

指の構造【屈筋腱と伸筋腱】

手には前腕にある指の屈筋や伸筋の腱が伸びています。
掌側には指を曲げるための腱である屈筋腱、手の甲側には指を伸ばすための伸筋腱がそれぞれの指に伸びています。
これらの腱はその位置が大きくずれたり、浮き上がったりしないためにトンネル状になった腱鞘を通り、固定されています。

イメージ

主な原因

バネ指は、主に指の使い過ぎにより、腱鞘の中での摩擦力が大きくなり、屈筋腱や腱鞘が肥厚してしまうことによって、腱鞘のトンネル内をスムーズに通ることができず、炎症が起こります。
原因としては、多くはスポーツや仕事で指が酷使されることで発症します。
ほかに、体質的要素や女性の更年期・妊娠・出産後の時期にホルモンバランスの崩れが原因で起こる場合、関節リウマチが原因で起こる場合などがあります。

治療法

バネ指の治療においては、まずは安静にし、炎症を落ち着かせる保存療法が主流となります。
しかし過度の安静は拘縮の原因となるため、動かせる範囲で動かすことが重要です。
また、消炎鎮痛剤や湿布を処方したり、投薬やステロイド注射などで炎症を抑える治療が施されます。
その他、低周波治療やレーザー治療などの物理療法を行い、痛みや腫れを軽減させる方法があります。
症状が強い場合や治療の効果がみられない場合は、腱鞘切開手術を行うこともあります。