墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

半月板損傷

症状

半月板損傷では主に、膝に痛みやひっかかりを感じたりする症状が現れます。
切れた半月板が関節の間に挟まることで、ひっかかりを感じます。
ひどい場合には膝を完全に伸ばせなくなる、「ロッキング」という状態になることもあります。

主な症状

  • 膝の曲げ伸ばしの際に痛みを覚える。
  • 屈伸時、膝に引っかかりを感じる。
  • 歩行時、膝の力が抜けるような感じがある。
  • 階段の昇り降りの時に痛い。
  • 膝が曲がったまま伸びない(ロッキングが起こる)。

半月板とは?

半月板は膝関節の大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の間にある線維軟骨で、膝関節の外側のへりをぐるりと囲んでいるものです。
イメージとしてはお弁当箱の蓋に付いているパッキンのようなもので、半月に似た形をしているため、半月板と呼ばれます。
種類は内側半月板と外側半月板があり、内側はC型、外側はO型の形をしています。
半月板は膝にかかる負担や衝撃を吸収するクッション役を担っており、膝関節を安定させるスタビライザーのような働きをしています。

イメージ

主な原因

どのような場合に起こるのか

半月板損傷の原因は、大きく分けて二つがあります。

  • スポーツなどの怪我によって生じる場合
  • 加齢が原因となって損傷する場合

前者は、一度の外傷によって切れてしまうケースで、この場合は、体重が加わった状態でのひねりや衝撃によって半月板だけが損傷するものと、前十字靱帯損傷(ぜんじゅうじじんたいそんしょう)などに合併して起こるものとがあります。
後者は、変性断裂と言って、繰り返しかかる負担や関節の加齢による変化が原因となって切れてしまう場合です。
これは加齢により変性した半月板が、ちょっとした負荷や外傷で傷ついたり切れたりと、半月板損傷が起こりやすい状況のために起こると考えられています。
また、半月板には内側半月板(C字型)と外側半月板(O字型)がありますが、圧倒的多くは内側半月板の痛みを訴えます。
関節面の内側と外側では、内側の方がより多く負荷がかかっているので、内側半月板の方が傷付きやすいと言われています。
またO脚変形を伴うと、常に内側半月板にストレスがかった状態で膝の曲げ伸ばしを行っていることとなり、損傷の原因になりやすいと言えます。
外側半月板の損傷では、円板状半月板が原因とされるものが少なくありません。
円板状半月板は先天的な形態異常で、正常な半月板よりも傷付きやすいため、軽いケガなどでも損傷しやすいと言われます。

断裂の種類

半月板損傷の切れ方には、水平断裂や縦断裂、横断裂などがあります。

  • 水平断裂の場合⇒半月板が2枚おろしのようにめくり上がった状態で断裂しています。
  • 縦断裂の場合⇒外傷により損傷。
  • 横断裂の場合⇒外傷により損傷。
イメージ

半月板損傷の種類

痛みの原因は?

半月板が切れていても、半月板そのものに痛みが出るわけではありません。
関節の中に炎症が起こり、それが痛みの原因となります。
炎症が強くなってくると、関節の中に水が溜まることがあります。
関節の中の水は関節液と呼ばれ、正常な関節液は粘度が高く、関節の潤滑油の働きをしています。
しかし炎症が起きて溜まってしまった水はさらさらしていて、潤滑油の役割を果しません。
またその関節液の中には炎症を引き起こす成分が含まれているため、炎症が炎症を引き起こすような状態になってしまいます。

治療法

痛んだ半月板は自然に治る?

半月板のへりの部分を赤色半月板と言います。
ここは血液が流れているので修復されやすく、時間をかけて自然に治っていくこともあります。
ただ、半月板の真ん中に近づいていくほど血流が少なくなり、切れてしまうと自然には治らないので、手術の適応になるケースもあります。

治療方法

半月板損傷の治療には、保存的治療と手術治療の二つの方法があります。
一般的に加齢の変化で起こる水平断裂の場合に手術をすることは、ほとんどありません。
半月板が切れていると言っても、そのままで普通に生活している方もたくさんおられます。
炎症が落ち着いてくるにしたがって、痛みも自然に落ち着いてきますので、経過をみていきましょう、という場合がよくあります。
痛みが強い場合には、炎症を落ち着かせるために、溜まっている水を抜いたり、外側から冷やしたり、ステロイド注射やヒアルロン酸注射を打ったり、痛み止めを処方したりといった治療を行います。
炎症が強く、水が溜まり、熱があるような場合は、水を抜いて薬を入れれば、ほとんどは速やかに治ります。
また、水がある程度溜まっていても熱が無く落ち着いているようなら、水を抜く必要はありません。
その状態で平衡状態を保っているので、特に処置をしない場合もあります。
これらが保存的治療になります。
それとは別に、3ヶ月以上痛みが続く場合や日常生活に支障がある場合、半月板の切れ方がひどい場合(縦断裂・横断裂)などは、手術の適応になります。