墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

膝関節前十字靱帯損傷(ACL損傷)

症状

前十字靱帯損傷は、主に怪我によって発症します。
損傷した際は痛みを伴い、ポップ音と呼ばれるゴムが切れたような音がします。
急性期を過ぎると、多くは痛みが落ち着いてくるのですが、痛みが治まっても靱帯が修復されているわけではなく、膝には様々な症状が現れて来ます。

急性期の症状

  • 損傷時にポップ音がした。
  • 膝に痛みがあり、完全に伸び切らない。
  • 膝が腫れ、熱をもっている。
  • 関節内に血が溜まる。

慢性期の症状

  • スポーツ活動中に膝がグラグラする。
  • 階段の上り下りで膝崩れが起こる。
  • 膝に力が入らない。

前十字靱帯とは?

イメージ

膝関節には4本の靱帯がありますが、そのうちの1つが前十字靱帯で、ACL(エーシーエル)と呼ばれます。
前十字靱帯は膝関節の中央部にあり、大腿骨(太ももの骨)の後方から脛骨(すねの骨)の前方にわたり、後十字靱帯と交差するように存在している靱帯です。
主に、膝の捻りや前後方向のぐらつきを抑えるストッパーのような役割を果たしています。

主な原因

前十字靱帯損傷は、スキーやバスケット、バレーボール、サッカー、ラグビー、柔道などのスポーツ活動をしている時によく起こります。
原因としては、スポーツでの接触事故や交通事故などで外側から膝にのしかかられて損傷する「接触型」と、急激な方向転換やジャンプの着地などで膝を激しく捻ってしまった時、過度に膝が伸ばされ、靱帯の強度を超えてしまった時などに受傷してしまう「非接触型」があります。
後者の方が比較的多く起こります。

放置したままスポーツをすると

前十字靱帯は一度切れてしまうと自然に修復することは困難で、治癒しないままスポーツ活動を続けると膝崩れを繰り返したり、半月板や関節軟骨などへの損傷を引き起こしたりする場合があります。
また、膝への負担が加わり、変形性膝関節症に進行してしまう危険性もあります。

治療法

前十字靱帯損傷の治療法としては、保存的治療と手術治療がありますが、自然治癒は期待できないため、多くは手術治療が選択されます。
手術の場合、体の他の組織を前十字靱帯に移植する再建術が一般的です。
また、手術後は関節可動域訓練や筋力訓練、歩行訓練などのリハビリを無理の生じない範囲で進めます。
高齢者やスポーツを積極的にしない方などでは手術をしないことがありますが、その場合には、筋力訓練や関節可動域訓練を中心としたリハビリ治療を行います。