墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

膝関節後十字靭帯損傷(PCL損傷)

症状

後十字靱帯損傷では、急性期に痛みや腫脹が生じますが、その症状は早期に落ち着きます。
症状としては前十字靱帯損傷とほとんど同じで、膝に不安定さを覚えることがあります。
ただ、前十字靱帯損傷ほどの不安定感は無く、全く運動ができなくなるようなことはありません。

急性期の症状

  • 膝に腫れや痛みがある。
  • 膝関節に可動域制限が生じる。

慢性期の症状

  • スポーツ活動中、膝が不安定に感じられる。
  • 脛部に痛みを覚える。

後十字靱帯とは?

イメージ

後十字靱帯は膝を支える4本の重要な靱帯のうちの1つで、PCL(ピーシーエル)と呼ばれます。
膝の中央部の前十字靱帯(ACL)と交差する位置にあり、脛骨(すねの骨)の後方から大腿骨(太ももの骨)の前方へと走る太い靱帯です。
この靱帯は、膝関節の回旋の中心軸として機能し、脛骨の後方移動を制御する役割を果たしており、前十字靱帯と合わせて膝関節の動きをコントロールしています。

主な原因

後十字靱帯は前十字靱帯に比べ、2倍ほどの強度があります。
そのため、前十字靱帯損傷よりも起こる頻度は少なく、大きな力が加わらない限り、損傷することはありません。
しかし脛骨が大腿骨から後ろ方向にずれるような強い力が加わった時などに起こります。
主に、ラグビーなどの接触が激しいスポーツやスキーなどで膝を強く打った場合に損傷します。
また、交通事故の際に車のダッシュボードに衝突したり、転倒して直接膝関節に強い力が加わったりした時に損傷してしまうケースもあります。
衝撃が強かった場合には、後十字靱帯の脛骨付着部で剥離骨折を伴うこともあります。

治療法

後十字靱帯損傷は前十字靱帯損傷に比べ、日常生活への影響がそれほど大きくないこともあり、ほとんどの場合は保存的治療が行われます。
保存的治療では、一般的に筋力訓練と関節可動域訓練などのリハビリ治療を行い、経過を観察します。
また、前十字靱帯や内外側の靱帯と一緒に損傷した場合や脛骨付着部の剥離骨折を伴った場合には、手術が行われることもあります。