墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

膝関節内側側副靱帯損傷(MCL損傷)

症状

内側側副靱帯を損傷すると、次のような症状が現れてきます。

主な症状

  • 膝の内側を圧迫すると痛みが生じる。
  • 膝の曲げ伸ばしをすると膝の内側に痛みが生じる。
  • 膝を完全に伸ばすのが難しい。
  • 膝に安定感が無い。
  • 膝崩れが起こる。
  • 膝の内側が腫れている。

内側側副靱帯とは?

内側側副靱帯は、膝を支える4本の重要な靱帯の1つで、MCL(エムシーエル)と呼ばれます。
この靱帯は大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の内側部分を薄く覆うように走行しています。
内側側副靱帯は膝関節の内側の安定性を保ち、膝の外反動揺性(外側に反る不安定性)を防ぐ役割を果たしています。

イメージ

主な原因

内側側副靱帯損傷は膝の靱帯損傷の中では最もよく起こる疾患です。
あらゆる年齢層で発症しますが、高齢者に起こるのは比較的稀と言われます。
基本的には膝関節の外側への反りや強い捻り動作で損傷し、スポーツでの受傷が主で、急な方向転換をするテニスや野球、バスケットボール、スキー、サッカーなどで多く見られます。
また、ラグビーやアメフトのようなコンタクトスポーツでは、タックルにより膝関節に外反や外旋が強制された時に断裂しやすくなります。

放置したままスポーツをすると

内側側副靱帯損傷の痛みや腫れは、一定期間で落ち着くケースがほとんどですが、損傷の程度が強いと膝の不安定感が残って、慢性化する恐れがあります。
また、そのままの状態でスポーツ活動を続けると、軟骨損傷や半月板損傷を起こす可能性も高くなります。

治療法

膝の靱帯損傷の中で最も受傷率の高い外傷ですが、内側側副靱帯は関節外靱帯で血行が多いため、治癒力が高く、正しい治療とリハビリを行えば基本的には完全復帰すると考えられています。
そのため治療方法としては、ほとんどの場合、保存療法が行われます。
保存療法としては、患部の腫れや炎症を抑える目的でアイシングを行ったり、関節可動域訓練や大腿四頭筋訓練を行ったりします。
ほとんどの場合は保存的治療で治りますが、他の靱帯損傷を合併している場合などには、靭帯縫合術や靭帯再建術の手術が行われることがあります。