墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

関節リウマチ

症状

関節リウマチは、関節内にある滑膜という部分に炎症が生じる疾患です。
症状としては、関節の腫脹や痛みがみられ、微熱や全身の倦怠感などの全身症状を伴います。
初期には起床時にこわばりを感じる程度ですが、進行につれて関節症状が強くなります。
最終的には関節が破壊され、変形して、様々な機能障害を引き起こします。
また重症例では、関節外症例として肺臓・膵臓・皮下組織などにも病巣が広がることがあります。

主な症状

  • 関節の腫脹や痛み
  • 微熱や全身倦怠感が出る
  • 起床時に関節がこわばる
  • 関節破壊による変形がみられる

関節

骨、軟骨、滑膜、関節包、靭帯などで関節は構成されますが、関節リウマチではその全てに炎症が及びます。

主な原因

関節リウマチは30~50歳代の女性に多くみられる疾患で、男性の約5倍の頻度になります。
しかし高齢発症については、あまり男女差がみられません。
原因については未だ不明ですが、病態としては自己免疫疾患が考えられています。
自己免疫疾患とは、本来、体内に侵入してきた細菌などの異物を排除するはずの免疫が、何らかの異常を来たすことで正常な自分の体の一部にまで過剰に反応し、攻撃を加えていく疾患のことです。
関節リウマチの場合、関節あるいは脊椎内に存在する滑膜を主体として炎症が始まり、次第に自身の軟骨や骨を破壊していくと考えられています。

治療法

関節リウマチは早期に診断し、炎症が広がってしまう前に進行を抑えることが重要です。
現在は早期から積極的に抗リウマチ剤を使用する薬物療法が治療の中心です。
薬物療法の発達により、関節症状を進行させずに済むことも多くなってきましたが、一部には関節破壊まで進んでしまう症例もあります。
保存療法を行っても炎症が続く場合や関節破壊が認められる場合などには、滑膜切除術や人工関節置換術などの手術が行われることもあります。