墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

リウマチ専門外来
rheumatism
リウマチ外来

両国きたむら整形外科のリウマチ内科の特長

両国きたむら整形外科は、お茶の水にある東京医科歯科大学の連携施設です。
また、東京医科歯科大学の膠原病・リウマチ内科と積極的に連携を取ることにより、メトトレキサートなどの抗リウマチ薬だけでなく、生物学的製剤を用いた治療なども当院で行っております。
診断に難渋する場合や、既往症などにより治療に難渋する場合は大学病院で診療を行ってもらい、落ち着いてから当院で治療を行うことも可能です。
専門性の高い治療と、気軽に相談出来るかかりつけ医の役割を両立するべく診療を行っております。
他の病院から転院したい、生物学的製剤を検討したい、関節の痛みや、原因の分からない身体の痛みなどで困っているなど、お気軽にご相談下さい。

東京医科歯科大学 膠原病・リウマチ内科 公式ページ

リウマチ外来について

リウマチとは

リウマチ(関節リウマチ)は、本来なら病原菌などの外敵を攻撃するはずの免疫が暴走して自分自身の体を攻撃し(自己免疫)、全身の関節が腫れたり痛んだりする病気です。
また、炎症は関節だけでなく目や肺など全身に拡がることもあり、微熱や倦怠感、食欲不振などの症状が現れることもあります。

進行すると関節の破壊や変形をきたしたりすることもあり、痛みと共に生活の質をかなり低下させます。
また関節以外の症状が進行すると肺炎や全身の臓器の血管病変により命に関わることもあります。

近年関節リウマチの診断と治療はかなり進歩しており、病勢を抑えて日常生活に影響を与えることのない状態(寛解)を達成することが可能になりました。
しかし、そのためには早期発見・早期治療が非常に重要であることも分かっています。

リウマチの原因

なぜリウマチになるのか、実ははっきりとした原因は分かっていません。
遺伝的な要因とそれ以外の要因(環境因子)が複雑にからみあって発症するもので、再診の研究によれば、喫煙と歯周病は非常に重要な発症のトリガー(きっかけ)であることが分かっています。

リウマチの初期症状

次のような症状は、リウマチの初期症状の可能性があります。
早めにリウマチ専門医へ相談することをお勧めします。

  • 朝方に手足の指関節がこわばる
  • 関節のあちこちが痛む
  • 手足の痛みがある など

リウマチの診断

診察では関節に炎症があるかどうかをみます。
X線検査で関節の変形を確認しますが、発症早期の場合は変形を認めない場合も多くあり、その際にはMRI検査を行います。
また超音波検査(エコー検査)も有用であり、当院でも積極的に行うようにしています。
採血検査では炎症反応や、抗CCP抗体といったリウマチ特有の項目を検査しますが、必ずしも陽性になるわけでなく、全てを総合的に判断してリウマチの診断を行います。

リウマチの最新治療

免疫抑制作用によってリウマチを治療するメトトレキサートや、関節破壊の抑制作用に優れる生物学的製剤などの登場により、炎症や痛みを抑えるだけでなく、病気の進行を食い止めて関節が破壊されるのを防ぎ、患者さんの生活の質を高める治療が行えるようになってきました。
最新のリウマチ治療では、リウマチの活動性をみながら、寛解(かんかい:病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽くなる、または見かけ上無くなった状態)を目標に治療します。
どうしても寛解に至らないような場合でも、ある程度、炎症がコントロールできる状態に近づけるようにします。
通常、3ヶ月以内にリウマチが十分にコントロールできない場合は、薬を変更したり、あるいは追加したりすることによって、寛解やそれに近い状態を目指します。
いったん治療によって寛解に入った後も、今度は寛解を維持することが大切です。
寛解に入った途端にお薬を減らしたりすると、再発を招きかねませんので、必ず医師の指示に従ってください。

リウマチのリハビリ

薬物療法には、痛みや炎症を取る効果が期待できます。
しかし、薬にばかり頼って関節を動かさないでいると、関節が固くこわばってしまうことがあります。
ここで大切になってくるのがリハビリテーションです。
毎日繰り返し、長期にわたって行えば、関節の機能障害を抑え、また痛みもやわらいでいきます。

リウマチの手術療法

手術療法は、薬物療法やリハビリを行っても痛みがやわらがない場合や、関節障害のために歩行が困難になるなど、日常生活に支障が生じている場合に行われます。
近年、手術技術は進歩しており、また優れた人工関節も開発されています。
下記のような手術療法が行われます。

滑膜切除術

関節を包む膜組織である滑膜(かつまく)が炎症を起こして腫れると、痛みの原因になります。
滑膜切除術は、この滑膜を取り除くことで、痛みなどの症状を改善する方法です。
術後は「腫れ」や「痛み」が明らかに改善するので、薬の量を減らすことも可能になります。

機能再建手術

リウマチの病状が進行して、関節が破壊されてしまったケースでは、関節を人工関節に入れ替える「機能再建手術」が行われます。
人工関節は、膝関節や股関節をはじめ、肩、肘、手首ほか、どの関節にも対応するものがあります。