墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

肩関節周囲炎(五十肩)

症状

肩関節周囲炎は、一般には「四十肩」とか「五十肩」と呼ばれる疾患です。
主な症状としては、肩から上腕部にかけての痛みが走ったり、肩関節の動きに制限が出たりします。
急性期は炎症が起こり、肩周辺に強い痛みを覚えます。
また、夜間に痛むことがあり、そのせいで睡眠障害を伴うケースもあります。
慢性期になると、安静にしていれば痛みは落ち着きますが、肩を動かそうとした時に痛みを覚えたり、関節の動きが制限されるようになったりします。

主な症状

  • 肩や上腕部に痛みが出る。
  • 腕が上がらなくなる。
  • 手がうまく使えなくなる。
  • 肩関節の動きが悪くなる。
  • 肩を動かす時に痛みを覚える。

肩関節の構造【腱板・滑液包】

肩関節には肩の運動するための様々な筋が存在しますが、その中でも重要な働きをしているのが腱板(Rotator Cuff:ローテーターカフ)と呼ばれる筋群です。
腱板は肩甲骨(けんこうこつ)から上腕骨頸部に走る筋肉の集まりで、肩甲下筋(けんこうかきん)、棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょくかきん)、小円筋(しょうえんきん)の4つで構成されています。
上腕骨頭表面でこれらの筋肉が一体となり、腱のようになっていることもあります(腱板)。
この腱板には、肩甲骨と上腕骨をつなぐ役割や関節の安定性を保つ働きがあります。
また、肩には人体の中で最も大きい滑液包があります。
滑液包とは滑膜で覆われた滑液やリンパ液を含んだ平らな袋状のもので、骨・軟骨と腱の骨付着部・皮膚の間にあります。
この滑液包は関節運動で起こる摩擦を軽減し、肩の広範囲な動きを円滑に行うための潤滑装置としての働きを担っています。

イメージ
イメージ

主な原因

多くは40代~50代の中年層によく発生しますが、原因について実のところ詳しいことはわかっていません。
関節を構成する骨や軟骨、靱帯、腱などが年齢とともに老化して、肩関節の周囲の組織に炎症が起こるためと考えられています。
急性期の炎症が強い時期は痛みが強く、その後、炎症が落ち着いた慢性期には、関節周囲の組織が硬く変性を来たしているため、痛みは無いものの動きが制限されるといった状態になります。

治療法

急性期の治療では基本的に保存的治療を行います。
湿布や消炎鎮痛剤の処方、関節内へのステロイド剤注射やヒアルロン酸注射を行い、炎症の軽減を図ります。
痛みが落ち着いてきた慢性期には、ホットパック等で温める温熱療法や、関節可動域訓練や筋力トレーニングなどの運動療法を行います。
関節に拘縮がみられたり関節の動きが悪いような場合には、手術を行うこともあります。