墨田区両国 整形外科 両国きたむら整形外科|リウマチ外来 腰痛外来 交通事故外来 認知行動療法

メニュー
TEL:03-6659-5173TEL:03-6659-5173

上方関節唇損傷(SLAP損傷)

症状

上方関節唇損傷は、関節唇上部をSLAP(superior labrum, anterior to posterior)というためSLAP損傷と呼ばれます。
主に肩の上方に痛みを伴い、特に、野球などの投球の際に痛みが生じることがあります。

主な症状

  • 投球動作時で肩に痛みがある。
  • 肩に引っかかりを感じる。
  • 肩に不安定感がある。
  • 音がする。

肩関節の構造 【肩関節唇】

イメージ

肩関節には上腕骨頭の受け皿となる関節窩(かんせつか)がありますが、その関節窩だけでは上腕骨頭の1/4程度しか覆っておらず、上腕骨頭に対しては浅く小さ過ぎるため、不安定な状態にあります。
そのため、関節窩の周りを縁取るように関節唇と呼ばれる軟部組織が付属しています。
この関節唇は関節を安定させるだけでなく、関節の動きをスムーズにしたり、骨同士がぶつかる衝撃や摩擦を和らげたりしています。
また、関節唇上部には上腕二頭筋腱がつながっています。

主な原因

野球などの投球動作の繰り返しによって損傷することが多い疾患です。
ボールを投げる時に、関節唇上部に付着している上腕二頭筋長頭腱が引っ張られたり、肩関節にねじれの力が加わったりする動作で繰り返しストレスがかかることによって関節唇に損傷や剥離を引き起こします。
野球以外では、ラケット競技やバレーボールなどのサーブの動作を行うスポーツ選手などによくみられます。

治療法

上方関節唇損傷の治療としては、痛みが強い場合はスポーツを休止し、しばらく安静にします。
また、痛みが治まってきたら、肩関節周囲の筋力トレーニング、特にインナーマッスル(棘上筋(きょくじょうきん)、棘下筋(きょっかきん)、小円筋(しょうえんきん)、肩甲下筋(けんこうかきん))を中心に鍛えていく運動療法を進めます。
また、野球などのスポーツが原因となる損傷の場合には、投球動作などのスポーツ動作のチェックや指導を行います。
損傷や剥離の程度が大きく、症状が強い場合などには、関節鏡を用いた修復手術などを行う場合があります。